豊胸手術を考えている人の多くが気になってしまうのが乳がんの問題ではないでしょうか。乳がんは女性特有の怖い病気で、こちらの病気で多くの楽しみを失ってしまった人もいるので、気になるのは当然です。

豊胸と乳がんの因果関係について調べてみると、豊胸手術をすることによって乳がんが発生しやすくなることはないということです。また、豊胸が直接乳がんの発生率に関係していなくとも、定期的な健診が受けられなくなるのならば、怖いのではないでしょうか。

しかし、こちらについても大丈夫で、豊胸を受けても定期健診を受けることができます。特に気になる脂肪注入術ですが乳がん検査の妨げになることもありませんので、乳がん検査の障害にならないかを心配する必要もありません。

以前までならば脂肪注入によって豊胸したバストの乳がん検診が妨げられることも多かったのですが、近年においては技術革新のため、しっかりと見分けられるようになっています。

(一部引用:http://www.beauty-book.jp/beautytalk/18904102/