豊胸手術で失敗しない為の、情報サイト

脂肪注入法

  • HOME »
  • 脂肪注入法

脂肪注入法

脂肪注入法
脂肪注入法は、豊胸術のなかでも広く用いられている方法です。体の余分な脂肪を吸引してバストへ移す事によって1.5~2カップのバストアップが望めます。ただし、移した脂肪がどれだけうまく定着していくかを指す「定着率」には個人差があります。吸引部によって取れる脂肪の量が変わるため、もとからやせすぎている人にはこの方法は使えません。

バッグ挿入法やヒアルロン酸注入での豊胸に失敗した人の中には脂肪注入法によってバストを手に入れている人も多い事から、大変よろこばれている方法です。脂肪注入法はシリコンなどとは違い、本物の脂肪を注入するわけですから、女性らしい大きく柔らかなバストを手に入れることができます。もともと自分の体内に存在していた脂肪の場所を移すだけですから、身体が違和感やアレルギー反応を起す事は無く、身体への負担は大変軽く、後遺症も残りません。

手術の際には全身麻酔や硬膜外麻酔は使われず、多くの場合局所麻酔をかけての施術となります。そのため安全性は高くなっています。この局所麻酔は歯医者で歯の治療のために使う麻酔と同じくらいの効果しか持って居らず、拒否反応が現れるのは100万人に1人の割合だといわれているほどに安全なものです。手術が終った後にはすぐに帰宅をし、不自由なく生活を送ることができることも人気の秘訣です。

脂肪注入法で得られるものは自然なやわらかさ、形のととのった美乳、美しいバストラインなどです。この方法を行うことで余分な脂肪を除くこともできるため、グラマーな体系に大きく近づく事ができます。

現在バッグ挿入をしている人は、バッグを取り除き、その代わりに脂肪を注入するという方法を取ることも可能です。

 

Copyright © 豊胸クリニック比較サイト All Rights Reserved.