豊胸手術で失敗しない為の、情報サイト

PRP脂肪注入法

  • HOME »
  • PRP脂肪注入法

PRP脂肪注入法

PRP脂肪注入法
PRP脂肪注入法という豊胸手術がありますが、この豊胸術は数ある豊胸術の中でも最先端技術を取り入れた方法であるということができます。なぜかといえば、一時期話題になった再生医療を豊胸に取り入れた新しいバストアップ方法であるからです。

PRP脂肪注入法は、正式名称はPRP脂肪幹細胞注入法といいます。体のどこからか余分な脂肪を吸引し、その脂肪から幹細胞を分離・抽出し、更に自身の血液から抽出したPRPという多血小板血漿と混ぜ合わせてバストに注入します。

脂肪幹細胞とは、皮下脂肪組織に存在する体性幹細胞の一種です。特定の細胞に変身したり、自らを複製する能力があるため、様々な医療分野への応用が検討されています。PRP(多血小板血漿)とは、簡単に血小板とその周辺物質と考えていいでしょう。血小板は、止血効果や、壊れた血管や細胞を修復する働きをもっています。血小板は成長因子と呼ばれる成分をもっており、この成長因子が新しい血管を作り幹細胞を育て、脂肪がより定着しやすい環境をつくります。

つまり、この2種類を混ぜ合わせて注入する事によって脂肪細胞が活性化し、注入された脂肪が定着する確率が非常に高くなるのです。注入された脂肪がうまく定着すれば、ナチュラルでボリュームのあるバストになります。不要な場所から脂肪を吸引して行う方法ですので、痩身も同時に行う事ができる優れた方法です。体のラインも同時に美しくする事ができる一石二鳥の方法です。

また、高い定着率をもっていることから、バストサイズを長期間にわたって維持することができます。そして自分の体の一部から採取した脂肪と自身から採血したものを用いるため、拒否反応が起こる心配は全くありません。本物の脂肪を用いる事で触った感じは天然のバストそのものであり、自然な仕上がりとなるのです。

ちなみに、片方のバストを1~2カップ大きくするならば、200ccの脂肪注入となります。

 

 

 

Copyright © 豊胸クリニック比較サイト All Rights Reserved.