豊胸手術で失敗しない為の、情報サイト

人工乳腺法(バッグ挿入法)

  • HOME »
  • 人工乳腺法(バッグ挿入法)

人工乳腺法(バッグ挿入法)

人工乳腺法,バッグ挿入法,バック挿入法,バッグ注入法,バック注入法

人工乳腺法は様々なタイプの人工乳腺を乳腺や大胸筋の下に入れ込むことによって胸の底上げを図ります。そうすることで胸にはボリュームとハリが生まれます。

人工乳腺法は、女性らしい大きな胸が欲しいと思っている女性、出産や授乳によって胸がしぼんでしまった女性、自然な形の胸が欲しいと思っている女性に向いている豊胸術です。

人工乳腺法の施術プランを見て見ましょう。

人工乳腺を用いた豊胸を行うことによって、胸のサイズは2サイズもアップすることができます。もちろんサイズを1サイズだけや3サイズ4サイズと大きくしたいならば自由に選ぶ事ができます。そのことによって自然な大きさやハリのバストを手に入れることができます。加齢や出産、授乳によって小さくなってしまったバストも大きさとハリを取り戻す事ができます。左右の乳房の大きさが違うことに対する悩み解消のためにも積極的に利用される方法です。

人工乳腺法では乳腺組織を傷つける事がありません。そのため感覚的な障害が残る事が無く、術後の出産や授乳もなんら不自由なく行う事ができます。選ぶサイズによって多種多様のバッグが用意されており、からだの全体的な肉付きなどをみながらバランスを考えて医師にデザインしてもらうといいでしょう。

バッグはわきの下を数センチ切開して、バストに向かってスペースを作ってバッグを入れ込むこととなります。手術跡が気になるという人もいるでしょうが、切開はわきのシワに沿って行われるため、それほど目立つ跡が残る事はありません。そして切開部が皮膚と同化したときに傷が残らないように十分に時間をかけて、丁寧に丁寧に縫合するのです。安心して施術を受けて問題ありません。

 

Copyright © 豊胸クリニック比較サイト All Rights Reserved.